/

この記事は会員限定です

IOC、会場収容人数削減を

五輪簡素化案提示

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの簡素化やコスト削減策について、国際オリンピック委員会(IOC)が各競技の国際連盟(IF)に提示した原案が25日、判明した。競技会場の収容人数の削減や使用期間の短縮に加え、IF役員の公共交通機関の活用や自費でのタクシー利用などを示した。全ての競技会場と日程は大会1年前の7月23日に決定するとしている。

原案では会場の装飾や演出の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り284文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン