/

この記事は会員限定です

G7中心の制裁に試練 ロシア、原油高騰で税収5割増も

禁輸、包囲網作れず

[有料会員限定]

【バイセンハウス(ドイツ北部)=南毅郎、塩崎健太郎】14日閉幕した主要7カ国(G7)の外相会合は、ウクライナ侵攻を続けるロシアへの圧力を強める方針で一致した。G7中心の経済制裁はエネルギー禁輸を巡る包囲網を構築できず、試練に直面する。中印の輸入継続や原油価格上昇でロシアの関連税収が5割近く増えるとの試算もある。戦費を枯渇させる取り組みは道半ばだ。(1面参照

14日公表した外相声明ではロシアへの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1310文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません