/

この記事は会員限定です

(トライアスロン)ウクライナ2選手が出場

侵攻後、日本では全競技で初

[有料会員限定]

パラトライアスロンの世界シリーズ横浜大会に14日、ウクライナの選手2人が出場した。横浜市山下公園周辺特設コースで行われたレース。国際統括団体、世界トライアスロンの大塚真一郎副会長によると他の競技を含め、ロシアによる侵攻後に日本で行われた主要なスポーツの国際大会にウクライナ選手が参加したのは初めて。

昨年の東京パラリンピックにも出場した3選手がエントリーしたが、1人は同行のガイドの新型コロナウイル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン