/

この記事は会員限定です

外食メニューもサステナ ESG意識に受け皿

焼肉ライク、高たんぱくの代替肉 ロッテリアは獣害軽減へ鹿肉活用

[有料会員限定]

外食業界でサステナビリティー(持続可能性)に配慮したメニューの提供が相次いでいる。焼肉店やファストフードでは各社が代替肉商品の拡充を急ぎ、病院食や社員食堂を受託する給食大手も国際認証を得た食材を使うメニュー開発に動く。消費者の関心の高まりから、外食もESG(環境・社会・企業統治)対応を競う時代に入った。

焼肉ライク(東京・渋谷)は今年から、チェーン店の「焼肉ライク」で従来よりたんぱく質の含有量を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン