/

この記事は会員限定です

ロシア政府系電力、フィンランドへ送電停止

ガスも停止の恐れ NATO加盟意向報復か

[有料会員限定]

ロシアの政府系電力会社、インテルRAOは13日、フィンランドへの送電を14日から停止すると発表した。国際電力取引市場を通して販売した電力代金が支払われていないためという。フィンランドは12日、北大西洋条約機構(NATO)への加盟を申請する意向を表明しており、送電停止は報復の可能性もある。(関連記事総合面に

フィンランドの地元紙はロシアからのガス供給が近く停止される可能性があると報じている。

送...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り475文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン