/

この記事は会員限定です

コロナ対応 変わる自治会

IT活用、ウェブ会議やメール配信 加入を促進、再生の契機に

[有料会員限定]

コロナ禍を契機にして自治会・町内会が、運営や活動方法の見直しを進めている。住民との対面接触が限定され、なじみの薄かったIT(情報技術)を活用しテレビ会議などを開いている。加入率低下などの課題解決につなげる活動を追った。

「用意はいいですか。それでは役員会を始めます」 横浜市保土ケ谷区の常盤台地区連合町内会は5月下旬、ウェブ会議サービス「Zoom」を使って役員会を開いた。

これまで区内の公共施設で会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン