交遊抄人生を変えた論文 藤堂具紀

2020/6/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

がんを遺伝子改変ウイルスで治療する。国立国際医療研究センターの脳神経外科で働く傍ら脳腫瘍の治療法を研究していた頃、そんな1本の論文に出合ったことが私の研究者人生を変えた。著者は米ジョージタウン大学教授だったロバート・マルツーザ氏。今はハーバード大学の教授だ。学生時代から抱いていた興味や疑問に応える素晴らしい論文だった。

従来の研究に限界を感じていた私は紹介状や履歴書とともに手紙を送った。運良く返…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]