聴覚・視覚障害者 「外出に不安」
「マスクで表情読めない」「レジ並ぶ線わからない」 コロナ新常態、配慮必要

2020/6/25付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染対策が広がったことで、外出に困難を感じる障害者が増えている。マスクで口の動きを隠されて会話を理解しにくく、人との距離も取りづらいという。当事者や支援団体は「コロナ後の新常態にバリアフリーの視点を」と求めている。

「ろう者が安心して出歩きにくくなった」。東京都聴覚障害者連盟の事務局長で、自身も聴覚障害がある越智大輔さん(63)は、新型コロナによって外出のハードルが上がったと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]