トヨタ保有株、日本製鉄ゼロ
持ち合い解消加速 成長投資を優先

2020/6/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

トヨタ自動車が政策保有株(持ち合い株)の見直しを進めている。日本製鉄や切削工具大手のOSGなど4銘柄は売却により保有株数はゼロになった。24日に公表した2020年3月期の有価証券報告書で明らかにした。トヨタは部品メーカーを含む仕入れ先の保有株の整理をここ数年加速しており、成長投資に資金を振り向ける。

「モビリティカンパニーへのフルモデルチェンジを念頭に、政策保有株の見直しや遊休不動産の見直しなど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]