/

この記事は会員限定です

育児支援の説明義務も

[有料会員限定]

子育てをしながら働く従業員に対する企業側の責任も重くなっている。自分や配偶者が妊娠した社員に、左遷など不利な扱いをするのは論外だが、祝意を伝えるだけで済ませる対応すら問題になる恐れがある。

4月から育児・介護休業法が改正され、本人や配偶者の妊娠や出産を申し出た従業員には会社側が育児休業などの制度を説明し、制度を利用するかの意向も確認することが義務付けられた。「子供ができました」と言う部下に「おめ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン