/

この記事は会員限定です

製造業 広がる遠隔業務

AGC、試作品VR確認/マイクロン、工場システム整備

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、製造業で仮想現実(VR)などの遠隔技術を活用する動きが広がっている。AGCはガラスの試作品を顧客にVRで評価してもらう手法を拡大。米半導体大手のマイクロン・テクノロジーは新工場のシステム整備を遠隔で行う。作業の効率化や出張費の削減にもつながり、コロナ収束後も定着しそうだ。

「自動車と建築向けガラスの営業やマーケティングで、VRの活用事例が増えている」。AGCの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン