/

この記事は会員限定です

5月のホテル稼働率 大阪7.4%で最低

外出自粛響く

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめた大阪市内主要13ホテルの2020年5月の平均客室稼働率は7.4%となり、前年同月に比べ79.4ポイント低下した。過去最低を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛が響いた。緊急事態宣言の解除を受けて6月の稼働率は回復の兆しもでている。

休業中のホテル2軒は0%として集計した。リーガロイヤルホテルは69.3ポイント低下の14.9%となった。帝国ホテル大阪は76....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン