/

この記事は会員限定です

大企業、国際会計基準一本に トヨタが移行

海外子会社と足並み、米国ルールを敬遠

[有料会員限定]

トヨタ自動車が2021年3月期から国際会計基準(IFRS)へと移行し、海外展開する日本の多国籍企業の会計基準はIFRSにほぼ一本化される。IFRSは欧州やアジアで採用が進み、これに足並みを合わせることで財務情報を素早く把握できる。持ち合い株の評価損を損益計算書(PL)に素早く反映させる米国会計基準の仕組みも一因となっている。

上場企業のIFRS採用企業は時価総額ベースで合計256兆円となり占有率は40%を超え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り910文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン