/

この記事は会員限定です

旅客船、参入要件厳しく 安全対策全面見直し

知床事故で国交省が有識者初会合

[有料会員限定]

北海道・知床半島沖の観光船の沈没事故を受け、国土交通省は小型旅客船の安全対策を全面的に見直す。事業参入時の要件を厳格化し、船舶の安全管理規程などの法的規制を強化する。レジャーが多様化し、他業種からの新規参入が増える中、国には実効性の高い安全対策の整備が求められる。(関連記事を社会2面に

国交省は11日、小型旅客船の安全対策の強化に向けた有識者検討会の初会合を開いた。斉藤鉄夫国交相は冒頭で「悲惨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り964文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン