/

この記事は会員限定です

塩野義のコロナ治療薬、米・印でも生産検討

年内にも

[有料会員限定]

塩野義製薬は11日、開発中の新型コロナウイルス向け治療薬について、米国やインドでも生産を検討していることを明らかにした。年内にも両国で体制を整え、生産を始める。供給網を複線化し、世界での安定供給につなげたい考えだ。同じく開発中のワクチンについても、6~7月にも申請する考えを示した。

手代木功社長が同日、明らかにした。塩野義は日本で2月末に飲み薬について製造販売承認を申請したほか、米国など海外でも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り319文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン