第2波へ 財政支援必要 専用病床を確保
聖路加国際病院院長 福井次矢氏 救急の状況把握、整備課題

2020/6/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスは日本の医療に多くの課題を突きつけた。未知のウイルスを相手にした治療に加え、病院経営への影響、行政との連携など論点は尽きない。多くの感染者と向き合った聖路加国際病院(東京・中央)の福井次矢院長に第2波への備えを含めた提言を聞いた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]