/

この記事は会員限定です

ローム社長 松本功氏(上)

半導体製造、世界標準探る

[有料会員限定]
  ■ロームの松本功社長(59)は1990年代、半導体製造工程の技術開発に取り組んだ。

ロームは当時、半導体業界の「異端児」と呼ばれていました。最先端のメモリーとは一線を画し、カスタムICという独自路線を歩んでいたからです。

一方でメモリーや先端ロジック品を手掛けていなかったため微細化などで後れを取り、歩留まり改善がうまくいかないという問題も浮上しました。そこで94年、ロームの製造プロセスを世界標準に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン