働くシニア 日本は24% 「社会とのつながり」意識

2020/6/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界的に見れば定年は必ずしも一般的な仕組みではない。米国では1970年代まで65歳定年が一般的だったが、86年に「年齢を理由にした不当な労働条件の制約」だとして定年が廃止された。65歳定年だった英国も2011年に定年を理由とした解雇を禁止している。カナダやオーストラリアなどにも定年は存在しない。

日本同様に年金の支給開始年齢が引き上げられている欧州では、定年延長が相次ぐ。オランダは66歳、スウェ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]