/

この記事は会員限定です

日本精工、ロシアの販売拠点閉鎖

20億円費用計上

[有料会員限定]

日本精工は10日、ロシアでの販売拠点を閉鎖したと明らかにした。野上宰門副社長が2022年3月期の決算会見で説明した。22年1~3月期に事業整理などに伴うロシア関連の一過性費用として約20億円を計上した。ロシアでは12年にサンクトペテルブルクに販売拠点を設立し、自動車や機械向けの軸受け(ベアリング)などを販売していた。

ロシアのウクライナ侵攻後に駐在員1人も国外に退避していた。ポーランドなどの工場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン