/

この記事は会員限定です

人口減少社会と移民政策(7) 「還流型」受け入れの限界

国士舘大学教授 鈴木江理子

[有料会員限定]

「外国人材の活用」というかけ声のもと受け入れが拡大しているのは、通算滞在期間が設定され、家族帯同が認められていない「還流型」外国人です。その代表が技能実習生と、創設された特定技能1号です。

一見効率的な還流型の受け入れは、常に国境が開いていることが前提です。新型コロナウイルスの感染拡大は、労働力供給源を国外におき、必要に応じて「調達」することのリスクを顕在化させました。

事実上の国境封鎖で技能実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン