/

この記事は会員限定です

首相、148日ぶり休日

感染者減受け

[有料会員限定]

安倍晋三首相は21日、148日ぶりに執務を休んだ。終日私邸で過ごすのは1月25日以来だ。新型コロナウイルスの感染拡大が長期化し週末や連休も関係閣僚らとの協議を重ねていた。第2次安倍政権が発足した2012年以降最長の連続執務記録が途絶えた。

首相の連続執務は1月26日の日曜日から始まった。同日の会議で外務省や厚生労働省の官僚らと公邸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン