在宅の生産性向上探る 民間調査、7割が「効率低下」
対話や評価手法難題 企業の知恵、競争力左右

2020/6/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務を導入する企業が増えるなか、生産性の向上が焦点となってきた。日本生産性本部の調査では7割弱の人が効率が下がったと答えた。在宅勤務は柔軟な働き方が可能になるなど利点が多い半面、対話が生む創造力の維持や、成果のはかり方など課題もある。競争力の強化に向けた企業の知恵比べが始まっている。

在宅勤務を巡っては、導入の是非が焦点だったが、コロナで多くの企業が採用に踏み切って…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]