/

この記事は会員限定です

中国感染 昨秋から拡大か 分析相次ぐ

「武漢発生源」異論も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大は2019年秋には中国で始まっていたと指摘する分析が相次いでいる。ウイルスの全遺伝情報(ゲノム)に基づき、英国など複数のチームが報告した。中国武漢市で最初の患者が確認される前に、人から人への継続的な感染が起きていたことになる。中国のどこでどのように発生したのかは手がかりがなく、謎は深まっている。

新型コロナはコウモリが起源だとほぼ特定されている。人に直接うつったのか、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り970文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン