/

この記事は会員限定です

任意の指名・報酬委 東証1部の5割超が設置

「年1~2回開催」半数、実効性課題

[有料会員限定]

任意の指名委員会や報酬委員会を設置する上場企業が19日時点で1111社となり、東証1部上場企業の5割を超えた。社長や取締役の選解任、報酬の決定プロセスを透明化する狙いがある。一方で、委員会の開催は半数近くの企業で年に1~2回にとどまる。今後は実効性が問われそうだ。

委員会は企業統治の枠組みの一つ。社外取締役を中心とした委員会が重要事項を決める「指名委員会等設置会社」では、会社法で指名・報酬・監査の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン