/

この記事は会員限定です

ゲノム編集、安価普及へ道

広島大学教授 山本卓氏

[有料会員限定]

狙った遺伝子を自在に改変する技術「ゲノム編集」は農作物の改良や病気の治療など幅広い応用が期待されている。広島大学教授の山本卓氏は最高技術責任者(CTO)を務めるスタートアップ、プラチナバイオ(広島県東広島市)を通して「消費者のため、安価に使える技術を提供したい」と意気込む。

ゲノム編集は生物の設計図にあたるゲノム(全遺伝情報)を自在に置き換える技術で、1996年に登場した。品種改良では育ちやすさ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン