/

この記事は会員限定です

破綻ハーツ、増資頓挫

米SEC問題視、個人の投機熱 背景

[有料会員限定]

5月に破綻した米レンタカー大手のハーツ・グローバル・ホールディングスが18日、増資計画の中止を発表した。経営破綻した企業が増資を企てる異例の事態は、米証券取引委員会(SEC)も巻き込んだ論争となった。紙くずになる恐れのある新株で数億ドル(数百億円)を調達できる可能性もあった背景には、米国で急拡大する個人投資家の投機熱がある。

ハーツは新型コロナウイルスの流行で利用者が急減、5月22日に米連邦破産法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン