/

この記事は会員限定です

ネットも活用し「公開後査読」を

専門家に聞く

[有料会員限定]

一般社団法人「科学・政策と社会研究室」の榎木英介代表理事の話

緊急性を要する時期には、迅速に研究成果を共有する意味で査読前論文が増えるのは当然だ。政策決定の参考にしなければならない事態もあるだろう。ただ、十分な注意が必要だ。ほかの研究者からの評価や査読を受けておらず、誤りがあるかもしれない。

査読があったとしても論文の質や正確性を担保できるわけではない。特に研究者の無償奉仕で成り立つ査読は不正行為...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り352文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン