/

この記事は会員限定です

高齢ドライバー 免許に新制度

「自主返納」頼みの道険し

[有料会員限定]

高齢者ドライバーの事故防止を目的とした新制度が13日から始まる。「運転技能検査」(実車試験)の導入と「安全運転サポート車(サポカー)限定免許」の創設だ。免許の自主返納が減るなか、事故撲滅の効果は期待できるだろうか。

実車試験は過去3年間に速度超過など11種類の違反をした75歳以上が対象。免許更新時に試験場や教習所の決まったコースを走り、チェックを受ける。

一定期間内に何度でも受検できるが、合格し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン