/

この記事は会員限定です

マニラの不動産、中国勢が投資意欲

コロナ下で価格下落の見通し

[有料会員限定]

中国の不動産企業や投資家がマニラの高級マンションなどへの購入意欲を強めている。新型コロナウイルスの感染抑制のための都市封鎖や移動制限などの影響でフィリピン経済が打撃を受け、不動産価格の下落が予想されるためだ。資金繰りのためにやむを得ず物件の売却を検討する動きも出てきているようだ。

不動産情報会社コリアーズ・インターナショナルによると、2020年のマニラ首都圏の新築高級マンションの平均販売価格は前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1853文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン