/

この記事は会員限定です

ブルーベリー 生産量トップは東京

[有料会員限定]

国産ブルーベリーの収穫が本格化してきた。生産量のトップは意外にも東京都。商業生産は50年ほど前に小平市で始まったとされ、現在は八王子市や町田市などでも盛んだ。

ブルーベリーは目に良いとされる成分「アントシアニン」を含むことで有名だ。そこに目をつけた農家が生産を始めたとされる。小平市によると「ブルーベリーの父」と呼ばれる東京農工大学の故岩垣駛夫教授が日本の気候に適したブルーベリーを米国から取り寄せた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り223文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン