/

この記事は会員限定です

(社説)エンタメの仕事環境を健全に

[有料会員限定]

映画やアニメなどエンターテインメント業界で、働き方を巡りさまざまな課題が浮上している。不公正な起用や暴力、長時間労働などがみられるとの指摘が相次いでおり、放置すれば人材や資金の確保に支障が出かねない。関連業界は是正に取り組むべきだ。

映画界では是枝裕和氏ら監督有志がハラスメントや暴力の防止に関する提言書を映画会社の団体に提出した。第三者による相談窓口の設置などを求めており、賛同者は400人を超え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り592文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン