/

この記事は会員限定です

建設、データで脱・労働集約

燈、部材情報を瞬時に検索/米ハイパー、AI設計案を3次元化

[有料会員限定]

ゼネコンのビッグデータを活用し、建設工事などを効率化するスタートアップの取り組みが広がってきた。東大発の燈(あかり、東京・文京)は大成建設と連携、数百ページに及ぶ施工計画書類を人工知能(AI)で読み取り、建具や部材の情報を瞬時に検索できるシステムを開発した。労働集約型産業の代表格である建設業界の生産性向上を新興勢が支える。

燈はAIを使ったデータ解析や言語処理に強みを持つ。AI研究で知られる東大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1422文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン