/

この記事は会員限定です

特殊潜水で船内調査へ

海保、民間と契約 引き揚げも準備

[有料会員限定]

北海道・知床半島沖の観光船沈没事故で、海上保安庁は2日、潜水の特殊な技術を持つ民間事業者と契約し、水深約120メートルに沈んだ観光船「KAZU 1(カズワン)」内の調査を始めると発表した。早ければ今月中旬までに着手する。取り残されている人がいないか確認を急ぎ、船体などの状況を調べ引き揚げの準備も進める。

海保によると、深さに応じた水圧に体を慣らしてから特殊な装備に身を包んで潜る「飽和潜水」という...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り378文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン