/

この記事は会員限定です

長引く自粛、最悪寝たきりに 高齢者「不活発病」どう防ぐ

役割見つけ意識的に動いて 医学博士 大川弥生さん

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で外出自粛ムードが続き、高齢者は家にこもりがち。動かなくなると心身の機能が落ち、最悪の場合、寝たきりになる「生活不活発病」(学術用語は廃用症候群)を誘発する恐れがある。この疾病対策の第一人者、医学博士の大川弥生さんに原因と対策を聞いた。

――生活不活発病の定義は何ですか。

「文字通り、生活が不活発になることによって、ありとあらゆる心身の機能が低下する症状のことだ。動かない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン