/

この記事は会員限定です

IT拠点、産学つなぎ構築

東京大学大学院 松尾豊教授(下)

[有料会員限定]

東京大学は学生起業家を次々と世に送り出している。その火付け役の一人がAI(人工知能)技術研究の松尾豊東大大学院教授だ。本郷キャンパス(東京・文京)を核に、米国のシリコンバレー、中国の深圳に次ぐIT(情報技術)の一大拠点を育てるという野望がある。教育・研究と産業をつなげてエコシステムを構築する「本郷バレー構想」を実現し、「産業界へAI戦士を送り込んで世界と戦いたい」と語る。

――東大は学生起業家が日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2447文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン