/

この記事は会員限定です

今東光「小説河内風土記」 大阪府八尾市

朝まだ暗いうちに八尾中にひびき渡るような音立てて荷車が通る

[有料会員限定]

大阪・奈良県境にある生駒山系の西側、大阪府八尾市の山裾では江戸時代から菊や生け花に使う切り枝用の樹木の栽培が盛んだった。4月中旬に訪れると、純白の梅花ウツギや伸びた黄色い菜の花などが所々に残り、遅咲きの山桜や新緑の木々に覆われた山の姿と合わさって、のどかな春らしい風景が出現していた。

今東光は八尾・河内の自然や歴史、風俗、暮らしや人情を描いた小説を数多く著した。「河内もの」と呼ばれるこれらの作品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン