/

この記事は会員限定です

円安加速、政策にジレンマ 緩和修正なら利払い負担増

財政出動なら政府歳出膨張 為替介入は米理解難しく

[有料会員限定]

円安が加速している。日銀が金融緩和の継続を強調し、金融引き締めを急ぐ米国との違いが改めて際立った。円安は資源高にねざす輸入価格の上昇に拍車をかける。だが政府・日銀は対応に手をやき、政策の枠組みは様々な矛盾をはらむ。市場はジレンマを突いて一段の円売りを進めようとする。連鎖を断ち切るには構造問題に切り込む必要がある。

28日のニューヨーク外為市場で円相場は一時1ドル=131円25銭近辺をつけ、20年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン