/

この記事は会員限定です

オーウェル『一九八四年』 川端康雄著

政治性だけではない魅力

[有料会員限定]

英国作家ジョージ・オーウェルの代表作で、全体主義の監視国家を描いたディストピア小説『一九八四年』の物語の細部を英文学者が丁寧に読み解いた。

『一九八四年』は2016年の米トランプ政権誕生で大きな注目を集め、20年以降のコロナ禍においても参照された。命を守るための外出禁止や行動追跡システムは作中の「ビッグ・ブラザー」による監視を思わせる。この小説が持つ政治性は折々の社会情勢と結びつけて語られ、だか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り346文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン