/

この記事は会員限定です

日本型雇用の転換に迫る

慶応義塾大学教授 土居丈朗

[有料会員限定]

日本型雇用の転換が訴えられて久しい。新年度を迎え、働き方や組織の改革に関わる論考が目立った。

早稲田大学教授の大湾秀雄氏と神戸大学准教授の服部泰宏氏(経済セミナー4.5月号)は、日本企業が直面する働き方と組織の課題に迫っている。技術変化が急速な職種では、勤続年数が長い労働者よりも若手労働者の方が生産性が高くなることが起こり得て、日本的な遅い昇進や年功的賃金が維持不可能になる。また、定型的な仕事を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン