/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

詩人、長田弘さんの昭和末期の詩集に「食べもののなかにはね、/世界があるんだ」と説きおこす一編がある。食べもの一つ一つに「生きられた国」があり、パンならその種類だけ国がある。そして「真っ赤なビートのスープのなかには/真っ赤に血を流した国がある」。

▼ビートでつくる赤のスープといえば、ボルシチのことだ。今でこそロシア料理を代表する一皿だが、もとはウクライナの郷土料理だった。レシピの幅をさまざまに広げな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン