/

この記事は会員限定です

コスト高で苦境、インド不動産業 政府は規制見直しを

インドノミクス・コンサルティング所長 プレナ・シャルマ・シン氏寄稿

[有料会員限定]

報道によると、インドの不動産大手は売り上げが堅調で、業界としても回復が間近という印象を受ける。しかし公式統計では、建設業は2021年10~12月期は2.8%のマイナス成長だった。

この違いは回復状況がK字型だからだ。在庫物件の整理や新規案件の立ち上げで、資金力のない中小企業は大手に締め出されている。規制が不十分なことも響いている。

不動産業界は農業に次ぐ大きな雇用創出源だ。この業界が不振だと、経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り512文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン