命の相談 励まし続ける
「職失った…」コロナ禍の今だから 支援団体、リモート活動探る

2020/6/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響に苦しむ切実な相談が、自殺対策に取り組む窓口で増えている。職を失うなどして将来を悲観する声が多い。自殺者は近年、減少しているが、過去には景気低迷を受けて急増したこともある。支援団体は感染防止のため活動のあり方を変えながら、対応を急ぐ。

「せっかく決まった仕事がコロナでなくなった。将来が見えず、消えてしまいたい」「支援を受けられない。このままでは介護している母とともに死ぬし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]