/

この記事は会員限定です

「唾液の抗原検査重要」

専門家会議副座長の尾身茂氏 感染拡大の抑止期待

[有料会員限定]

政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議副座長の尾身茂氏は日本経済新聞社のインタビューで、次の感染拡大の防止に向けてPCR検査の拡充とともに「他の人に感染させやすい人の発見に唾液による抗原検査が重要だ」との考えを示した。社会・経済活動の維持と感染拡大防止の両立を図るために、様々な検査を組み合わせた対策が必要と訴えた。

尾身氏は15日にインタビューに応じた。これまでの政府の取り組みについて「3月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り672文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン