/

(コロナの2年と食)縮んだ会食 「自炊疲れ」も

宴会は少人数に、時間も早く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスは外食の様式を大きく変えた。大人数の宴会需要が喪失し、外食する際のグループは大幅に小さくなった。時短要請が続いたことで、午後9時以降に飲食店を利用する人数も減少した。データからもそうした傾向がくっきりと見て取れる。

忘年会など飲食店のかき入れ時である年末。居酒屋を中心に飲食店を調査するイデア・レコード(東京・新宿)によると、2019年12月の予約1件あたりの平均人数は8.21人...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン