/

この記事は会員限定です

観光船、安全対策見直し

知床事故 国交省、検討委を設置「条件付き運航、あり得ず」

[有料会員限定]

斉藤鉄夫国土交通相は28日の閣議後の記者会見で、北海道・知床半島沖で観光船が遭難した事故をうけ、安全対策などを検証する新たな検討委員会を立ち上げる方針を表明した。「原因究明をしながら総合的な対策を検討する」と述べ、現行法制も含めて検証や見直しをおこなう考えを明らかにした。

検討委では、観光船を含む小型船舶を使う全国の旅客業を対象に(1)事業参入時の安全確保の取り組み(2)運航基準を盛り込んだ「安...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り606文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン