/

この記事は会員限定です

米球界、女性の指導者続々 4年前不在も現在11人

[有料会員限定]

米大リーグと傘下のマイナーリーグで近年、続々と女性の指導者が誕生している。ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)によると2018年はメジャー、マイナーを合わせ女性指導者は1人もいなかったが、現在は11人を数える。

今月12日、ジャイアンツのアリサ・ナッケン・アシスタントコーチが他のコーチの退場処分により、女性として初めて一塁コーチを務めた。ヤンキース傘下の1Aでは初の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン