/

この記事は会員限定です

沖縄復帰50年 データで読む半世紀(3)所得は最下位、「稼ぐ力」弱く

貧困連鎖、ITで解消狙う

[有料会員限定]

本土復帰後の沖縄にとって、本土との格差是正は最大の目標だ。1人当たりの県民所得はいまだに全国で最も低く、公共事業への依存体質などが目標達成を阻んでいる。観光業の収益力向上に加え、IT(情報技術)など新産業の育成による「稼げる経済構造」への転換が求められる。

25日午前、沖縄市内のオフィスでは女性たちがパソコンと格闘していた。「同じ境遇の仲間と支え合い、前に向かって頑張れている」。ホームページ制作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン