/

この記事は会員限定です

西部ガス「調達リスクに切迫感」

[有料会員限定]

西部ガスホールディングス(HD)の道永幸典社長は27日、福岡市内で記者会見し、ロシアのウクライナ侵攻が天然ガス調達に及ぼす影響について「今年はそのリスクも考えて調達を考えている。うちは(天然ガス以外の燃料を使える)電力会社とは切迫感が違う」と述べた。

同社は極東ロシアでの資源開発事業「サハリン2」から液化天然ガス(LNG)を輸入しているが、道永氏は「他の調達先と密に連携を取っていて、ある程度の数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン