/

この記事は会員限定です

退避に国連関与「賛同」

プーチン氏、事務総長と会談

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴】国連のグテレス事務総長は26日、ロシアのプーチン大統領とモスクワで会談した。国連によると、プーチン氏はロシア軍が包囲するウクライナ南東部マリウポリについて、民間人退避に国連などが関わることに「原則として」賛同した。

国連は「両者はマリウポリを含む戦地からの民間人退避について話し合った」などと発表した。ただウクライナ政府によると、これまでもロシア軍は民間人を退避させると約束しなが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り396文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン