出遅れた接触アプリ
企業選定迷走「失われた1カ月」 マイクロソフトなど開発

2020/6/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染者との濃厚接触を検知するスマホ向けアプリが週内にも日本で投入される。マイクロソフトなどに作成を依頼した。だが政府の開発方針の迷走で予定が1カ月以上遅れ、運用面の課題も多い。普及率を6割以上に高め、アプリからの通知を自宅待機などにつなげる仕組みも整えなければ、感染の第2波を防ぐのが難しくなる。

世界で40番以下

日本のアプリはスマホの近距離無線規格「ブルートゥース」で感染者との…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]